コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子導入 いでんしどうにゅうgene transfer

翻訳|gene transfer

知恵蔵の解説

遺伝子導入

細胞内に特定の遺伝子DNAを人為的に入れて、新しい遺伝的な特徴を持つ細胞や、その細胞に基づく個体を作製すること。遺伝子移入(トランスフェクション)とも呼ばれる。遺伝子導入の様々な手法が開発されている。細菌の細胞へは、プラスミド(核外の自己増殖性のDNA分子)やファージ(細菌に感染するウイルス)をベクター(運搬体)に用いる方法、電気的に細胞表面に小孔をあけるエレクトロポレーション法などが用いられる。動物細胞の場合には、顕微鏡下でガラス毛細管を用いて、細胞に直接に遺伝子DNAを注入するマイクロインジェクション法や、異なる細胞同士の細胞融合法などが用いられる。植物細胞の場合には、遺伝子DNAを付着させた微粒子を高圧ガスで細胞に打ち込むパーティクル・ガン法や、土壌細菌のプラスミドを利用するアグロバクテリウム法などが用いられる。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

いでんしどうにゅう【遺伝子導入】

他の生物より取り出した遺伝子を細胞に入れ、本来とは異なる遺伝的特徴をもった生物を作り出すこと。ベクターを用いて遺伝子の特定の部位に導入する手法や、ガラス毛細管などで細胞内に注入する方法などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遺伝子導入の関連キーワードトランスジェニック・アニマルトランスジェニックアニマルトランスジェニック植物トランスジェニック生物トランスジェニック動物組み換えDNA技術遺伝子組み換え技術バイオテクノロジーアンチセンスRNA遺伝子組換え食品がんの遺伝子療法アラビドプシスハイテク公害スミシーズトリプシン遺伝子工学クローン羊野村達次細胞工学品種改良

遺伝子導入の関連情報