コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺言撤回自由の原則 ゆいごんてっかいじゆうのげんそく/いごんてっかいじゆうのげんそく

知恵蔵の解説

遺言撤回自由の原則

遺言をした者は、いつでも自由に変更、撤回をすることができる。遺言の方式によって行うが、先にした遺言と同方式にする必要はなく、公正証書遺言をした者が自筆遺言で変更、撤回をしてもよい。遺言は死期に最も近いものが最終意思とされ、前の遺言は変更されたものとなる。遺言したことでその人の財産処分権が制約されるわけではない。

(吉岡寛 弁護士 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android