コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺言撤回自由の原則 ゆいごんてっかいじゆうのげんそく/いごんてっかいじゆうのげんそく

1件 の用語解説(遺言撤回自由の原則の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

遺言撤回自由の原則

遺言をした者は、いつでも自由に変更、撤回をすることができる。遺言の方式によって行うが、先にした遺言と同方式にする必要はなく、公正証書遺言をした者が自筆遺言で変更、撤回をしてもよい。遺言は死期に最も近いものが最終意思とされ、前の遺言は変更されたものとなる。遺言したことでその人の財産処分権が制約されるわけではない。

(吉岡寛 弁護士 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone