コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺言撤回自由の原則 ゆいごんてっかいじゆうのげんそく/いごんてっかいじゆうのげんそく

1件 の用語解説(遺言撤回自由の原則の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

遺言撤回自由の原則

遺言をした者は、いつでも自由に変更、撤回をすることができる。遺言の方式によって行うが、先にした遺言と同方式にする必要はなく、公正証書遺言をした者が自筆遺言で変更、撤回をしてもよい。遺言は死期に最も近いものが最終意思とされ、前の遺言は変更されたものとなる。遺言したことでその人の財産処分権が制約されるわけではない。

(吉岡寛 弁護士 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺言撤回自由の原則の関連キーワード遺言能力何時でも公開市場自由契約選手撤回本籍遺言状オープンエントリーオープンクレジットハード・カレンシー(Hard Currency)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone