コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撤回 テッカイ

デジタル大辞泉の解説

てっ‐かい〔‐クワイ〕【撤回】

[名](スル)
いったん提出・公示したものなどを、取り下げること。「前言撤回する」
民法上、意思表示をした者が、その効果を将来に向かって消滅させること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てっかい【撤回】

( 名 ) スル
一度出した意見などをひっこめること。法的には、意思表示をした者がその効果を将来に向かって消滅させること。 「処分を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

撤回
てっかい

民法上は、意思表示をなした者が、その意思表示の効果を将来に向かって消滅させることをいう。一般に意思表示は、相手方に到達することによって効力を生ずるので、到達するまでは回できる。撤回は、一方的意思表示によってなされる点で、取消しと類似しているが、両者は次の点で異なっている。すなわち、取消しは、すでに発生した行為の効力を、一定の取消原因(制限行為能力、詐欺・強迫)のあるときに限り、過去にさかのぼって法律効果を消滅させるのに対し、撤回は、自己がなした行為の効力が発生しないことを欲して、意思表示の効果を将来に向かって消滅させるにすぎない。民法典には、撤回という用語は用いられていないが、取消しという用語が使用されている場合であっても、撤回の意味に解すべき場合が少なくない。たとえば、営業許可の取消し(民法6条2項)、無権代理行為の取消し(同法115条)などの場合である。[竹内俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

撤回の関連キーワード市立岐阜商業高校の学校法人立命館への移管問題「はだしのゲン」閲覧制限問題鞆の浦の埋め立て・架橋計画それでも地球は動いているジョン・F・ケネディー取り下げる・取下げるクーリング・オフ制度ウォルムスの帝国議会遺言撤回自由の原則ナイメーヘンの和約クーリングオフ制度スタンドスティル取り下げ・取下げアイルランド連盟クーリング・オフウォルムス国会クロマグロ規制証拠共通の原則羈束力・覊束力オクタウィウス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

撤回の関連情報