コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部分床義歯 ブブンショウギシ

デジタル大辞泉の解説

ぶぶんしょう‐ぎし〔ブブンシヤウ‐〕【部分床義歯】

部分入れ歯

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

部分床義歯
ぶぶんしょうぎし

義歯の一種。局部床義歯ともいう。歯が1本から数本にわたって欠如している際に、失った歯とやせた歯肉を補填(ほてん)するためにつくられる義歯。物をかむ力を顎(あご)に伝えるための人工歯や義歯床、義歯の維持安定を図るために欠損周囲の歯に設置する金属鉤(こう)(ばね)、およびそれらを連結するバーで構成されている。[澤田健次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の部分床義歯の言及

【入歯】より

…人工的な歯の総称で,義歯dentureともいう。金属冠などの冠をはじめ,継続歯(さし歯,つぎ歯),橋義歯(ブリッジ),部分床義歯(局部義歯),全部床義歯(総入歯,総義歯)など,すべてを含む。しかし一般的に入歯という言葉からは,主として取りはずしのできる部分床義歯や全部床義歯が連想される。…

※「部分床義歯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報