コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工歯 じんこうし artificial tooth

3件 の用語解説(人工歯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工歯
じんこうし
artificial tooth

天然歯に代用される,人工的な歯をいう。前歯では,顔および周囲の歯との調和が重要であり,臼歯では,咀しゃく性および義歯床の安定効果が重視される。材料により陶歯,レジン (合成樹脂) 歯などがあるが,大きさ,形,色の異なる膨大な種類がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じんこう‐し【人工歯】

抜けたり欠けたりした歯を補うための、人工の歯。入れ歯インプラントなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人工歯
じんこうし

天然歯(人の歯)の代用として義歯に使用される人造の歯のことをいう。前歯の人工歯では自分の歯(天然歯)と違和感なく調和するように、形態、色調などの異なる非常に多くの種類の人工歯がつくられている。前歯用の人工歯の材質には、陶材でできたものとアクリル系の樹脂でできたものがあり、最近では表面を硬質プラスチックでつくったアクリル系の人工歯が多く使われている。奥歯の人工歯では物をかむ機能が重視され、金属、陶材、硬質プラスチック樹脂等を材料としてつくられている。現在のような人工歯がつくられる以前には、ウシの骨、ろう石、抜けた天然歯などが人工歯として使われていた。[澤田健次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人工歯の関連キーワード化学繊維代用血漿人工血液人工的目には目を,歯には歯を天然放射性同位体目には目を歯には歯を人工種苗ハプロ松脂岩歯に衣[ころも]を着せぬ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人工歯の関連情報