歯肉(読み)しにく

日本大百科全書(ニッポニカ)「歯肉」の解説

歯肉
しにく

一般に「歯ぐき」とよばれる口腔(こうくう)粘膜の一部分をいう。歯の周囲を取り囲み、顎骨(がくこつ)の歯槽突起の骨膜に強固に付着しており、歯槽骨を保護する。口腔清掃が悪く、歯の表面に歯垢(しこう)がたまると、歯肉が発赤腫脹(しゅちょう)し、歯肉炎となる。

[村井正昭]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「歯肉」の解説

は‐にく【歯肉】

歯の根もとの肉。はぐき。

し‐にく【歯肉】

歯冠の根もとの部分を取り巻いている粘膜歯齦(しぎん)。歯茎

は‐じし【歯肉/×齗/×齦】

歯茎。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「歯肉」の解説

し‐にく【歯肉】

〘名〙 口腔粘膜の一部で、歯のはえている部位。歯ぐき。歯齦(しぎん)。はにく。
※宇治拾遺(1221頃)一一「笑めば歯がちなるものの、しにくあかくて」

は‐にく【歯肉】

〘名〙 歯の根元の肉。はぐき。はじし。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の歯肉の言及

【歯】より

…歯冠は解剖学的にはエナメル質enamel(かつてはホウロウ質といわれた)でおおわれている範囲をいい,歯根はエナメル質を欠き,セメント質cementumでおおわれている範囲をいう。歯冠と歯根の移行部を歯頸といい,ふつう少しくびれていて,正常状態では自由歯肉で取り巻かれているので,歯冠の一部は歯肉縁下にある。歯肉より上に出ている歯冠を臨床歯冠という。…

※「歯肉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android