郵便はがき(読み)ゆうびんはがき

百科事典マイペディアの解説

郵便はがき【ゆうびんはがき】

通常はがき(50円),往復はがき(100円),小包はがき(50円)の3種がある。官製(郵政大臣発行)には,郵便料金を表す料額印面が印刷されている。通常はがき・往復はがきは私製も認められる。小包はがきは,小包郵便物につけて差し出す場合にだけ使える。外国向け郵便はがきは航空便70円,船便60円。はがきは,1869年オーストリアで初めて使われたが,日本では,1873年に和紙二つ折りの通常はがきが発行され,1875年洋紙単葉のものになった。
→関連項目絵葉書第2種郵便物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郵便はがきの関連情報