コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配分原則 principle of traffic assignment

1件 の用語解説(配分原則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

配分原則【principle of traffic assignment】

交通量の配分に関する三つの原則.「等時間原則」,「確率配分原則」,「システム最適化原則」である.

等時間原則は,各個人が自己の損失を最小にしようとするために,すべての個人が最短経路を選ぶという原則である.その結果,経路を変更しても自己の走行時間をもっと小さくすることはできなくなる.提唱者に因んで「ワードロップ原則(Wardropian principle)の第一法則」とも呼ばれている.

システム最適化原則はワードロップ原則の第二法則とも呼ばれるのだが,道路網中の総走行時間の最小化を図る規範的な配分原則である.

確率配分原則は,複数の経路にある選択確率によって配分する原則である.利用者が知覚する経路走行時間が必ずしも実際の走行時間と一致しないことと,判断に個人差があることを考慮して考えられたものである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

配分原則の関連キーワードケプラーの法則等時性眼意足三体三つ栗のバルディスの原則費用配分の原則集団作用の原則ニュートンの諸法則ハミルトンの原理(最小時間の原理)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone