コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配収 ハイシュウ

デジタル大辞泉の解説

はい‐しゅう〔‐シウ〕【配収】

《「配給収入」の略》興行収入のうち、映画配給会社の純粋な取り分。特に映画界で使う。→興収

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の配収の言及

【映画】より

…県庁所在の都市の劇場および人口10万人以上の都市にある劇場の主要館にはおもに歩合契約の方法がとられ,その他の周辺劇場には単売契約がとられるケースが多い。興行者の水揚げ(興行収入)から上記の歩合,単売契約によって得た収入を〈配給収入〉(略して〈配収〉)という。配給形態としては,日本の映画企業は製作,配給,興行の3部門を総合的に経営しており,原則として他社作品を使用せず,全作品(全プロすなわち全番組)を同一会社の作品でまかなう専門館システム,すなわち〈ブロックブッキング(系統全プロ)〉方式がとられている。…

※「配収」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

配収の関連キーワードアシア[ローマ属州]スクリーン・クオータ日本映画史(年表)邦画活況E.T.宮崎駿

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android