収入(読み)しゅうにゅう

精選版 日本国語大辞典「収入」の解説

しゅう‐にゅう シウニフ【収入】

〘名〙
① おさめ入れ、取り入れること。特に、金銭や品物その他の財産上の利益を自己の所有として収め入れること。また、その金品。
※経済小学(1867)下「今許多の穀物を収入し之を地に委して腐壊せしめば」
※幼学読本(1887)〈西邨貞〉六「稲、たうもろこし等の成熟する頃、夜中田、畑に出でて之れを食ひ、大いに農家の収入を害すること有り」 〔戦国策‐燕策〕
② 国家・団体などが、一定額の貨幣を合法的に、または新たに収納・獲得すること。経常収入と臨時収入とに分けられる。財政法上は現金の収納をさし、会計法上は徴収と収納を含む一連の行為と収入金をさす。⇔支出

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「収入」の解説

しゅう‐にゅう〔シウニフ〕【収入】

金銭や物品を他から収め入れて自分の所有とすること。また、その金品。「安定した収入を得る」「臨時収入」⇔支出

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の収入の言及

【所得】より


[定義]
 一般には,一定期間の勤労,事業,資産などから得る収入全体をさし,賃金,俸給,地代,家賃,利子,利潤などがそのおもな構成要素となるものを意味する。所得は,さまざまな財やサービスの獲得能力,すなわち富力を代表する重要な指標と考えられている。…

※「収入」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android