酒戦(読み)シュセン

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐せん【酒戦】

〘名〙 酒の飲みくらべ。酒合戦。
※随筆・近世奇跡考(1804)五「酒戦(シュセン) 慶安の頃、大におこなはる」 〔茅亭客語‐巻一〇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の酒戦の言及

【大酒大食会】より

…飲酒食事の量を競う飲みくらべ,食べくらべの催し。飲みくらべは闘飲,酒戦と呼び,食べくらべは闘食ともいう。いずれも平穏無事な社会の産物というべき遊びであるが,歴史的に最も古く,かつ著名なのは,911年(延喜11)6月15日,宇多法皇が催した亭子(ていじ)院での闘飲で,その日の様子を記録した紀長谷雄(きのはせお)の〈亭子院賜飲記〉が《本朝文粋(ほんちようもんずい)》に収められている。…

※「酒戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android