コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶安 ケイアン

デジタル大辞泉の解説

けいあん【慶安】

江戸初期、後光明天皇の時の年号。1648年2月15日~1652年9月18日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶安 けいあん

?-? 江戸時代前期の医師。
京都の人。元和(げんな)4年(1618)キリシタンゆえに捕らえられたが,外科医としての手腕をみとめられ,天皇が病気のときにはめしだされて治療にあたり,また医学をこころざす者には,牢中でおしえることをゆるされたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいあん【慶安】

年号(1648.2.15~1652.9.18)。正保の後、承応の前。後光明天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

けいあん【慶安】

日本の元号(年号)。江戸時代の1648年から1652年まで、後光明(ごこうみょう)天皇の代の元号。前元号は正保(しょうぼう)。次元号は承応(じょうおう)。1648年(正保5)2月15日改元。「正保」の元号が「焼亡」につながり不吉である、などの批判を受けて行われたとされている。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。慶安年間の江戸幕府の将軍は徳川家光(いえみつ)(3代)、徳川家綱(いえつな)(4代)。1649年(慶安2)、幕府は農政の基本を定めた「慶安の御触書(おふれがき)」を発布した。1651年(慶安4)には、兵学者・由比正雪(ゆいしょうせつ)の幕府転覆計画が発覚。この事件は「慶安の変」と呼ばれている。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

慶安の関連キーワード大覚寺宮性真法親王伊藤小太夫(初代)樟紀流花見幕張正親町三条公高熊谷三郎兵衛新田検地条目慶安検地条目甘露寺嗣長水無瀬兼俊甘露寺経遠慶安御触書今出川経季清水谷実秋三条西公国波多野検校慶安太平記六条有親内藤信広里村玄的大橋道仙

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慶安の関連情報