コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸解離定数 さんかいりていすうacid dissociation constant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸解離定数
さんかいりていすう
acid dissociation constant

酸の電離平衡平衡定数で,の強さを示す1つの尺度 (この値が大きいほど強い酸) 。酸を HA で表わし,その電離平衡を HA⇔H++A- で示すとき,その酸解離定数 Ka は,次のように表わされる。

Ka=[H+][A-]/[HA]

ただし [ ] はそれぞれのイオンおよび分子のモル濃度を表わす。たとえば,酢酸の 25℃での酸解離定数は 1.75×10-5 である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の酸解離定数の言及

【酸・塩基】より


[水溶液中での酸・塩基]
 水溶液中でのHの濃度あるいはpHをその水溶液の酸の強さとすることができるが,酸自身の酸の強さとしては,酸がHを放出するものであるということからすれば,その程度すなわちKaがその酸の強さをあらわすことになる。Kaを酸解離定数,-logKa=pKaのようにしてpKaを酸解離指数といい,これによって酸性度をあらわす。Kbは塩基解離定数,pKbは塩基解離指数(塩基性度をあらわす)であるが,KbKaと逆の関係にあるからKaあるいはpKaだけで,酸および塩基の強さをあらわすことができる。…

【pK】より

…化学平衡は,(1)酸の解離,(2)塩基の解離,(3)錯化合物生成,(4)沈殿生成,その他化合物の生成,(5)加水分解などの分解反応など,多種多様である。それらのKは,(1)に関しては酸解離定数Ka(酸解離指数pKa),(2)は塩基解離定数Kb(塩基解離指数pKb),(4)は溶解度積Ksp(pKsp),(5)に関してはKh(pKh)などのように下つき文字を付しておのおのの定数を区別し,表現に便宜をはかったりする。【橋谷 卓成】。…

※「酸解離定数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

酸解離定数の関連キーワードヘンダーソン‐ハッセルバルクの式ブレンステッドの触媒法則亜ヒ酸(亜砒酸)シアン化水素酸フェノール溶解度積緩衝溶液誘起効果解離雷酸

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android