コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電離平衡 デンリヘイコウ

大辞林 第三版の解説

でんりへいこう【電離平衡】

電解質溶液中で電離してできたイオンと電離していない分子との間に成立する化学平衡。この平衡定数は電離定数とよばれる。弱電解質の電離平衡は平衡反応にあずかるイオンや分子の濃度の間には質量作用の法則が成立する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

電離平衡の関連キーワードデバイ‐ヒュッケルの理論デバイ=ヒュッケルの理論ラングミュア‐サハの公式オストワルトの希釈律サハのイオン化理論サハの解離公式イオン(原子)酸解離定数イオン積電離定数電離指数平衡定数化学平衡弱電解質電解質イオンサハ解離分子

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android