コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

采椽/採椽 サイテン

デジタル大辞泉の解説

さい‐てん【采×椽/採×椽】

山から切り出したままの木を使った垂木(たるき)。また、飾らない質素な家のたとえ。
「茅茨(ばうじ)きらず、―けづらず」〈平家・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さいてん【采椽】

山から切り出したままの材を用いた垂木たるき。転じて、粗末な家のたとえ。 「 -削らず(=粗末ナ家ニ住ム)」 「四面の-雲に懸けたり/盛衰記 16

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

采椽/採椽の関連キーワード茅茨剪らず采椽削らず盛衰記削る茅茨

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android