コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

采/賽 サイ

デジタル大辞泉の解説

さい【采/×賽】

双六(すごろく)・ばくちなどで用いる小さな立方体の道具。六つの面に一から六までの目が記してあり、投げ転がして上面に出た数により勝負を決める。さいころ一天地六(いってんちろく)
采配」の略。「―を振る」

さい【采】[漢字項目]

常用漢字] [音]サイ(呉)(漢) [訓]とる
美しい色彩。「采衣」
姿や様子。「風采
えらびとる。「納采
領地。「采地
[名のり]あや・うね・こと
[難読]采女(うねめ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざい【采】

采配。さい。 「信長公-を取て/戴恩記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

采/賽の関連キーワード徳島県三好市東祖谷菅生食邑[中国]采・賽・骰子出た所勝負負薪の憂い胴元・筒元シンチェホ三秋の思い采配を振るシドッチ高山辰雄植田華亭立石輝石戸田重元山村才助すごろく一日三秋采石磯戴恩記生実藩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android