(読み)サイ

デジタル大辞泉「采」の解説

さい【采/×賽】

双六すごろく・ばくちなどで用いる小さな立方体の道具。六つの面に一から六までの目が記してあり、投げ転がして上面に出た数により勝負を決める。さいころ一天地六いってんちろく
采配」の略。「―を振る」

さい【采】[漢字項目]

常用漢字] [音]サイ(呉)(漢) [訓]とる
美しい色彩。「采衣」
姿や様子。「風采
えらびとる。「納采
領地。「采地
[名のり]あや・うね・こと
[難読]采女うねめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「采」の解説

ざい【采】

甲陽軍鑑(17C初)品四八「此度、広瀬・みしな両人にも小菅並にざいをゆるし下さるるは、六年後酉年なり」
※江戸繁昌記(1832‐36)二「纔かに官賜所金麾(〈注〉ザイ)を認むるのみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android