(読み)サイ

  • ざい
  • 漢字項目
  • 采/×賽

デジタル大辞泉の解説

双六(すごろく)・ばくちなどで用いる小さな立方体の道具。六つの面に一から六までの目が記してあり、投げ転がして上面に出た数により勝負を決める。さいころ一天地六(いってんちろく)
采配」の。「―を振る」
常用漢字] [音]サイ(呉)(漢) [訓]とる
美しい色彩。「采衣」
姿や様子。「風采
えらびとる。「納采
領地。「采地
[名のり]あや・うね・こと
[難読]采女(うねめ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

※甲陽軍鑑(17C初)品四八「此度、広瀬・みしな両人にも小菅並にざいをゆるし下さるるは、六年後酉年なり」
※江戸繁昌記(1832‐36)二「纔かに官賜所金麾(〈注〉ザイ)を認むるのみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

采の関連情報