采/賽(読み)サイ

デジタル大辞泉の解説

さい【采/×賽】

双六(すごろく)・ばくちなどで用いる小さな立方体の道具。六つの面に一から六までの目が記してあり、投げ転がして上面に出た数により勝負を決める。さいころ一天地六(いってんちろく)
采配」の略。「―を振る」

さい【采】[漢字項目]

常用漢字] [音]サイ(呉)(漢) [訓]とる
美しい色彩。「采衣」
姿や様子。「風采
えらびとる。「納采
領地。「采地
[名のり]あや・うね・こと
[難読]采女(うねめ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android