コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重命 ちょうみょう

2件 の用語解説(重命の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重命 ちょうみょう

?-? 鎌倉時代の絵仏師。
尊智(そんち)の弟子で,建長5年(1253)奈良永久寺真言堂仏後障子に十二天像,四天王像をえがいた。法橋。号は尊蓮。名は朝命とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

重命

生年:生没年不詳
鎌倉中期の絵仏師。朝命とも。尊蓮と号す。尊智の弟子。貞永1(1232)年,興福寺十大弟子像(6体が現存)・八部衆像(現存)の修復に加わる。建長5(1253)年,奈良永久寺真言堂十二天像と四天王像(米・ボストン美術館蔵)を描く。このとき,法橋とされる。文永5(1268)年,元興寺極楽坊聖徳太子像(現存)の彩色に参加。9年,永久寺観音堂不動八大童子像(東京・観音寺蔵)の制作に加わる。永仁3(1295)年,東大寺の中太鼓の彩色を命じられる。南都(奈良)において活動した。<参考文献>柳澤孝「ボストン美術館蔵の四天王図」(『在外日本の至宝』1巻)

(長谷川稔子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重命の関連キーワード定禅絵仏師応源芝尊海勝円宅磨為辰頼円(2)頼円(3)頼成頼増

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone