コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊智 そんち

4件 の用語解説(尊智の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尊智
そんち

鎌倉時代の絵仏師。法眼。興福寺一乗院の絵所座に属し,松南院座の祖となる。建永2 (1207) 年鳥羽上皇の最勝四天王院の御堂に名所絵を,元仁1 (1224) 年四天王寺絵堂に『九品往生図』を描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊智 そんち

?-? 平安後期-鎌倉時代の絵仏師。
興福寺一乗院の絵所(えどころ)のひとつ,松南院座の祖とされる。藤原定家の日記「明月記」に,承元(じょうげん)元年(1207)最勝四天王院の障子に名所絵をかいた,とあるのが文献上の初出。建保(けんぽ)元年法眼となった。号は大輔房。現存作品に「聖徳太子勝鬘経(しょうまんぎょう)講讃図」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

尊智

生年:生没年不詳
鎌倉前期に活躍した絵仏師。法眼に叙せられる。興福寺一乗院の絵所に属し,南都絵所座のひとつである松南院座の祖となる。建永2(1207)年に最勝四天王院に名所絵を描き,建保1(1213)年に法勝寺九重塔の壁画,7年に水無瀬殿大熾盛光法本尊,元仁1(1224)年には四天王寺聖霊院絵堂に「九品往生図」ほかを描くなど名所絵から仏画にいたる幅広い画技が知られる。現存作に承久4(1222)年制作の「聖徳太子勝鬘経講賛図」(法隆寺蔵)があるほか,「十六善神像」(東京国立博物館蔵)は尊智が元仁2(1225)年に永久寺で描いたとする説が近年提出されている。

(矢島新)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そんち【尊智】

鎌倉初期,13世紀前半に活躍した絵仏師。法眼に叙せられた。生没年不詳。興福寺一乗院の絵所に仕え,のちに南都絵所座の一つ,松南院座を興している。彼の指揮下で制作された作品と推定されているのは1222年(貞応1)の《聖徳太子講讃図》(法隆寺)であり,記録の上では1207年(承元1)最勝四天王院御堂の名所絵,24年(元仁1)四天王寺絵堂の《聖徳太子絵伝》および《九品往生図》を制作したことがわかる。鎌倉時代の南都絵所の実態を知るうえに手がかりを与える画人である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

尊智の関連キーワード住吉広通鶴沢探龍定禅古筆了珪狩野洞白狩野中信桂舟広隆児玉良悦内位応源

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone