金城 紀光(読み)カナグスク キコウ

20世紀日本人名事典の解説

金城 紀光
カナグスク キコウ

明治〜昭和期の医師 衆院議員(政友会);那覇市長。



生年
尚泰王28年11月4日(1875年)

没年
昭和42(1967)年8月10日

出生地
琉球国(沖縄県)

学歴〔年〕
東京帝大医学科〔明治37年〕卒

経歴
東京帝大医科大学副手、東京予備病院衛生勤務幇助、東京市駒込病院医員を経て、明治40年県立沖縄病院院長となり、大正9年私立元順病院を設立した。また沖縄県医師会会長を務める。一方、那覇市議・議長、沖縄県議を経て、昭和7年衆院議員(政友会)に当選1回。10年那覇市長となる。戦後は金武保養院院長などを務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android