コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金山寺弥勒殿 きんさんじみろくでん Kǔmsan-sa Mirǔk-chǒn

1件 の用語解説(金山寺弥勒殿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金山寺弥勒殿
きんさんじみろくでん
Kǔmsan-sa Mirǔk-chǒn

韓国,全羅北道金堤郡の金山寺にある李朝中期の木造建築。金山寺は百済武王1 (599) 年の創建,新羅恵恭王2 (766) 年に真表律師によって中興された寺と伝えられる。弥勒殿は,李朝仁祖 13 (1635) 年に再建され,内部に巨大な銅造の『弥勒三尊仏立像』を安置している関係上,外観のみを三層楼閣にした珍しい形態の建物である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金山寺弥勒殿の関連キーワード全羅北道金山寺全州金山寺味噌岡山県岡山市北区金山寺千熊長彦益山[市]金堤全羅道高敞、和順、江華の支石墓群跡

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone