外観(読み)がいかん

精選版 日本国語大辞典「外観」の解説

がい‐かん グヮイクヮン【外観】

〘名〙 外部から見た様子。外部に見えるありさま。表向き。みかけ。そとみ。外見
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「むしろ端正信実を失ふとも、外観の美を欲せず」 〔晉書‐范伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「外観」の解説

がい‐かん〔グワイクワン〕【外観】

外側から見た感じ。表面に見える姿。見かけ。うわべ。外見。「城の外観」「外観を繕う」
[類語]表面上面皮相上辺外見がいけん外見そとみ外面がいめん外面そとづら外面的平面的化けの皮表向き見掛けみてくれ見た目見栄えなりふり体良く空空しい白白しいわざとらしい心にもない受け流す取り繕う繕う猫をかぶる見せかけ表面的薄っぺら浅薄あさはか名目的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android