コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金森‐アンダーソンの法則 Kanamori-Anderson's law

1件 の用語解説(金森‐アンダーソンの法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

金森‐アンダーソンの法則【Kanamori-Anderson's law】

地震時の断層の生成についての法則.次の三つの式にまとめられている.

ここで L は断層の長さ,W は断層の幅,D は断層の食い違いを面上で平均した値,v は破壊速度,τ は立ち上がり時間である . C1 はほぼ0.5 ,C2 は2×10-5C3 はおよそ0.2(推定値)である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金森‐アンダーソンの法則の関連キーワード地震断層地割れ斜断層ランベルト-ベールの法則アムバール法則気体の諸法則層位学の基本法則プライアーの法則(隕石)和の法則(コリオリ定数)活断層の調査

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone