面上(読み)メンジョウ

大辞林 第三版の解説

めんじょう【面上】

顔の表面。顔面。
直接対面すること。主に手紙で用いる。 「 -に申すべく候/反故集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めん‐じょう ‥ジャウ【面上】

〘名〙 (古くは「めんしょう」か)
① 顔の表面。顔面。また、顔。
※菅家文草(900頃)三・路遇白頭翁「不覚鬢辺霜気侵、自然面上桃花色」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一三「神命十誡をその面上に印するが如しと云へり」 〔杜甫‐不帰詩〕
② 面会すること。多く手紙で、お目にかかって直接申し上げますの意に用いる。
※上杉家文書‐天正一三年(1585)七月八日・丹羽長重書状「近日至越中可相働候之条、其節期面上候」 〔日葡辞書(1603‐04)〕
※俳諧・口真似草(1656)九「やるに返事のなき文詞 恨なを面上(メンジャウ)にまたたっすべし〈梅盛〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

面上の関連情報