金沢吾輔(読み)かなざわ ごすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金沢吾輔 かなざわ-ごすけ

?-? 江戸時代後期の歌舞伎作者。
大坂の人。初代金沢竜玉(3代中村歌右衛門)の門にはいり,金沢清造を名のる。文政8年二枚目作者となり,12年京都南側芝居で立作者となる。天保(てんぽう)2年(1831)金沢吾輔と改名,7年以降の活動は不明。初代花笠文京らとの合作がおおい。前名は並木吾輔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android