合作(読み)がっさく

精選版 日本国語大辞典「合作」の解説

がっ‐さく【合作】

〘名〙
① 何人かの人が力を合わせて、作品をつくること。また、その作品。
※人情本・明烏後正夢(1821‐24)二「心をのせし四つ手駕籠と語りし新内ぶしの一曲を、合作(ガッサク)なしたる三冊の中本(とぢぶみ)」 〔毛詩国風周南序箋〕
② 共通の目標を達成するために協力、協同すること。〔モダン用語辞典(1930)〕
※真空地帯(1952)〈野間宏〉四「ファシスト党員の政治的陰謀とカヴァレロ元帥、バドリオ等のサヴォイ王家との合作に基く軍人の陰謀とが併行して」
③ よくできた作品。意にかなった作品。
※日本詩史(1771)一「首尾匀称、足合作

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「合作」の解説

がっ‐さく【合作】

[名](スル)
共同して作ること。また、作ったもの。「日仏合作の映画」「絵本を母子で合作する」
中国で、共通の目標のために協力し合うこと。「国共合作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android