コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金硫黄 キンイオウ

デジタル大辞泉の解説

きん‐いおう〔‐いわう〕【金硫黄】

硫化アンチモンの一種。橙黄色の粉末。ゴムの加硫に用いる。また、去痰(きょたん)薬に用いた。化学式Sb2S5

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

金硫黄の関連キーワード硫化アンチモン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android