コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金綺秀 きんきしゅうKim Ki‐su

世界大百科事典 第2版の解説

きんきしゅう【金綺秀 Kim Ki‐su】

1832‐?
朝鮮,李朝の文臣。字は季芝,号は蒼山。黄海道延安の人。1876年,日朝修好条規締結ののち,礼曹参議として修信使に任命され,団員75名を率いて日本を訪問。帰国後に著した《日東記游》は,当時の対日本認識に少なからぬ影響を及ぼした。谷山郡守,徳源府使,監理義州通商事務などを歴任し,93年に黄澗・清風地方で民乱が起こった際には,按覈使として現地に派遣された。その後,官職は参判にいたった。【吉野 誠】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金綺秀の関連キーワードハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンド十二の練習曲雪華図説ヘンリーアーノルドキオソーネ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android