コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金胎 きんたい

大辞林 第三版の解説

きんたい【金胎】

漆器の金属製の素地。中国宋代の堆朱ついしゆなど彫漆器の素地に多い。

こんたい【金胎】

〘仏〙 金剛界と胎蔵界。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

金胎の関連キーワード京都府相楽郡和束町室町時代(年表)滋賀県栗東市荒張後七日御修法寺井 直次ヨーガ学派両界曼荼羅和束(町)詫磨為遠元弘の変胎金両部細川成之金胎両部寺井直次十界修行和束町胎蔵界鷲峰山金剛界曼荼羅

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金胎の関連情報