コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金胎 きんたい

大辞林 第三版の解説

きんたい【金胎】

漆器の金属製の素地。中国宋代の堆朱ついしゆなど彫漆器の素地に多い。

こんたい【金胎】

〘仏〙 金剛界と胎蔵界。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金胎の関連キーワード京都府相楽郡和束町室町時代(年表)滋賀県栗東市荒張後七日御修法ヨーガ学派寺井 直次和束(町)両界曼荼羅十界修行細川成之金胎両部胎金両部詫磨為遠元弘の変寺井直次金剛界曼荼羅胎蔵界覚禅抄鷲峰山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android