コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堆朱 ついしゅ

6件 の用語解説(堆朱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堆朱
ついしゅ

彫漆 (漆を塗り重ねて文様を彫り表わす漆工技法) の一種。中国でいう剔紅 (てっこう) にあたる。地固めした素地 (きじ) の上に朱漆を数十回以上塗り重ねて層を作り,乾燥後これに文様を彫刻したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つい‐しゅ【堆朱】

彫漆の一。朱漆を何回も塗り重ねて厚い層を作り、これに文様を彫刻したもの。特に宋代以降盛行し、日本には鎌倉時代に伝来し、室町時代以降に制作が始まった。中国では剔紅(てきこう)という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

堆朱【ついしゅ】

彫漆の一種で,朱漆を厚く塗り重ね,それに文様を彫ったもの。中国では剔紅(じっこう)といい,宋代から発達,元代には張成・楊茂が名匠として知られ,清代には俗に〈はしか彫〉という繊細な技巧を用いたものが出現。
→関連項目印籠小川破笠鎌倉彫漆器村上[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ついしゅ【堆朱】

彫漆の代表的技法の一つ。一般にヒノキ材などの素地(きじ)に朱漆を数十回から100回以上塗り重ねて適当な厚さとし,その表面に模様や図柄を刀で浮彫りしたもの。彫漆は中国の唐代におこったことが記録にあらわれるが,宋代以降の遺品が現存し,とくに明代には盛行をみた。堆朱を中国では剔紅(てきこう)ともいい,日本には鎌倉時代以降盛んに舶載された。国産品が製作されたのは室町中期ころからで,堆朱楊成家が代々その主要作家である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ついしゅ【堆朱】

彫漆ちようしつの一。朱漆を何回も厚く塗り重ねたものに花鳥・山水・人物などの文様を彫ったもの。中国では剔紅てつこうといわれ、宋代以降盛行。日本へは鎌倉時代に伝来。黒漆の場合は堆黒ついこく、黄漆の場合は堆黄ついおう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堆朱
ついしゅ

彫漆(ちょうしつ)技法の一種。器胎(きたい)の上に朱漆(しゅうるし)を何層にも塗り重ね、その上に文様を浮彫りしたもの。黒漆を用いる場合は堆黒(ついこく)、ほかに堆黄(ついこう)、堆緑などがある。鎌倉時代に宋(そう)から舶載されたが、中国での名称は剔紅(てきこう)、剔黒、剔黄、剔緑という。また、塗り重ねた各色の漆の色を彫り表したものを彫彩漆(ちょうしつうるし)、花を朱、葉を緑で表したものは紅花緑葉(こうかろくよう)ともよばれる。文献上では唐代が起源とされ、また明(みん)代に著された『清秘閣』には、剔紅の多くは金銀を素地(きじ)とし、文様が人物楼閣花草であったことが記されている。制作の盛行は宋代以降であるが、元(げん)代末(14世紀中ごろ)の作と思われる江蘇(こうそ)省青浦(せいほ)県元墓出土の踏雪尋梅図剔紅円盒(えんごう)が制作年代のほぼ明らかな初期の作例で、蓋(ふた)表に、一老人が童子を従え、雪を踏んで梅を訪ねる図をかなり写生的に表している。この時代の堆朱器はわが国にもかなり遺例が多く、代表的なものにはいずれも重要文化財の紫萼(しがく)文香盆(滋賀県・聖衆来迎(しょうじゅらいごう)寺)、椿尾長鳥(つばきおながどり)文香盆(興臨院)、牡丹孔雀文香盆(京都・大仙院)などがある。これらの図様はきわめて写生的で、肉どりによる浮彫りにも写実的配慮がうかがわれる。またこの時期の優れた作家に浙江(せっこう)省嘉興(かこう)府西塘(さいとう)楊匯(ようわい)出身の張成と楊茂(ようも)がおり、15世紀初頭には張成の子の徳剛が官営工房の果園廠(しょう)で剔紅に活躍した。その後は文様の構成が一段と複雑になり、細部にわたって意が用いられ、変わった器形や着想のもとで鑑賞性に富む装飾的なものが出現、17世紀以降の清(しん)代にはさらに鑑賞性を目ざす造形へと進んだ。
 わが国では鎌倉・室町期に盛んに輸入され唐物(からもの)として珍重されたが、初めて模作したのは南北朝時代の延文(えんぶん)年間(1356~61)に堆朱楊成(ようぜい)の初代長充(ちょうじゅう)であるとする説、室町中期の文明(ぶんめい)年間(1469~87)に京都の堆朱工門入(もんにゅう)であるとする説がある。なお、漆を塗り重ねる手間を省くため素地に図柄を加工した上に朱漆を塗る模造法として、新潟の村上堆朱や仙台市の東華(とうか)堆朱などがある。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の堆朱の言及

【彫漆】より

…技法は,素地の表面に漆を数十~100回あまり塗り重ねて適当な厚さにした漆層に刀で文様を浮彫状に表したもの。漆の色や文様の違いによって,堆朱(ついしゆ),堆黒,堆黄,屈輪(ぐり),彫彩漆(紅花緑葉)などの名称で呼ばれる。これらは元来中国で盛んに行われたもので,中国では堆朱を剔紅(てきこう),堆黒を剔黒,堆黄を剔黄,紅花緑葉を剔彩ともいう。…

※「堆朱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堆朱の関連キーワード紅緋紅花緑葉彫漆沈銀堆紅台湾檜紅檜流せる!ひのきの猫砂ひのきでつくった猫砂対応時間の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堆朱の関連情報