金輪奈落の底(読み)こんりんならくのそこ

精選版 日本国語大辞典「金輪奈落の底」の解説

こんりんならく【金輪奈落】 の 底(そこ)

物事のゆきつくところ。また、の底まで。どこまでも。
浄瑠璃新うすゆき物語(1741)中「お身達(たち)が落着此程よりつくづく思ふに、金輪(コンリン)ならくの底(ソコ)迄も、お身や世忰(せがれ)がわざではなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android