金輪奈落の底(読み)こんりんならくのそこ

精選版 日本国語大辞典 「金輪奈落の底」の意味・読み・例文・類語

こんりんならく【金輪奈落】 の 底(そこ)

物事のゆきつくところ。また、底の底まで。どこまでも。
浄瑠璃新うすゆき物語(1741)中「お身達(たち)が落着此程よりつくづく思ふに、金輪(コンリン)ならくの底(ソコ)迄も、お身や世忰(せがれ)がわざではなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android