コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針を蔵に積みても溜まらぬ ハリヲクラニツミテモタマラヌ

1件 の用語解説(針を蔵に積みても溜まらぬの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

針(はり)を蔵に積みても溜(た)まらぬ

いくら努力して小銭をためても、一方で使ってしまえばまとまった蓄えにはならないことのたとえ。
「その上に世間の義理をも勤めては、―といふは」〈浮・万金丹・四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

針を蔵に積みても溜まらぬの関連キーワード小金小銭子母銭じゃらじゃら濡れ手で粟寝ても覚めてもイクラ丼草臥れ儲けせこせこどうしても