小銭(読み)コゼニ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ぜに【小銭】

細かいお金。少額の金銭。「小銭入れ」
高額ではないが、ちょっとまとまったお金。「こつこつと小銭をためる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こぜに【小銭】

小額の金。こまかい金。 「 -の持ち合わせがない」
ちょっと、まとまった金。小金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ぜに【小銭】

〘名〙
少額の金銭。細かい金銭。また、こづかい銭。こせん。
※史記抄(1477)一四「病時には貧なったほどに〈略〉小銭をもまうけばやと思たれども」
② 江戸時代、遊女をいう語。〔評判記・色道大鏡(1678)〕

こ‐せん【小銭】

〘名〙 =こぜに(小銭)
洒落本・多佳余宇辞(1780)「大銭と小銭(こせン)と交て来たから」

しょう‐せん セウ‥【小銭】

〘名〙
① 大きさの小さい銭。また、小額の金銭。こまかい金。こぜに。
※田氏家集(892頃)上・題橘才子所居池亭「始抽迸箏排大筆、新出円荷覆小銭
※落語・茶碗屋敷(1891)〈三代目春風亭柳枝〉「是なる仏器を少銭(セウセン)に替へまして厶りまする」 〔漢書‐王莽伝・中〕
② 小額の金銭で、手軽に遊ばせる私娼。
浮世草子・傾城禁短気(1711)三「裏々の小銭(セウセン)色遊の諸末寺」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小銭の関連情報