コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針状ころ軸受 しんじょうころじくうけneedle roller bearing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

針状ころ軸受
しんじょうころじくうけ
needle roller bearing

ニードルベアリングともいう。ころがり軸受の一種で,直径が 5mm以下,長さが直径の3~10倍の細長い円筒ころ (針状ころという) を転動体に用いた軸受。他のころがり軸受に比べて摩擦係数は大きいが,軸受外径を小さくできるので,外径寸法が制限される場合に有効である。また,変動荷重や揺動荷重にも耐えるので,自動車のトランスミッション,エンジンのロッカアーム,万能継手,電動工具などの軸受に広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

針状ころ軸受の関連キーワードスラストころ軸受ころ軸受