摩擦係数(読み)マサツケイスウ

百科事典マイペディアの解説

摩擦係数【まさつけいすう】

2物体が接触しながら静止または運動しているとき,接触面に働く摩擦力(静止のときは最大静止摩擦力)と接触面を垂直に押す力(垂直荷重)との比。摩擦係数は摩擦の種類,摩擦面材料の組合せ,摩擦面のあらさ,潤滑剤の有無などによって非常に異なる。一般に同じ摩擦面でも運動摩擦係数静止摩擦係数より小さく,ころがり摩擦係数はすべり摩擦係数よりずっと小さい。→摩擦摩擦の法則
→関連項目ころがり摩擦すべり摩擦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

法則の辞典の解説

摩擦係数【coefficient of friction】

摩擦力の大きさと接触面に垂直な抗力の大きさの比をいう.静止摩擦係数,滑り摩擦係数,転がり摩擦係数などがある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まさつ‐けいすう【摩擦係数】

〘名〙 摩擦力の、接触面に垂直に作用する垂直抗力に対する比。互いに接する物質の種類や面の状態によって異なる。転がり摩擦係数、動摩擦係数、静止摩擦係数の順に大きくなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の摩擦係数の言及

【摩擦】より

…静摩擦力には上限があって,fsPより大きくはなれない。このfsを静摩擦係数という。FfsPより大きくなると物体はすべり始めるが,すべっているときにもF′=fkPなる摩擦力が働く。…

※「摩擦係数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報