コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針金ゲージ ハリガネゲージ

デジタル大辞泉の解説

はりがね‐ゲージ【針金ゲージ】

針金の直径を測定するのに用いるゲージ鋼製円板の周辺に直径0.1~12ミリの穴溝が刻まれたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の針金ゲージの言及

【ゲージ】より

…円筒の内面を測定面とするゲージがリングゲージ,平行かつ平面の測定面ではさむ形で軸を測るゲージがはさみゲージである。針金ゲージやドリルゲージは大きさに対応した切込み,または穴を多数もつ角形,または円形の薄板でできており,針金やドリルを分類するために用いる(図2)。すきまゲージは厚さが0.03~3.00mmの異なる10枚から25枚を1組とする薄鋼板からなり,適当な薄片を組み合わせて測定に用いる。…

※「針金ゲージ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

針金ゲージの関連キーワードワイヤゲージメッシュワイヤ針金

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android