コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針金(読み)ハリガネ

世界大百科事典 第2版の解説

はりがね【針金 wire】

日常種々雑多な工作に用いられる金属線。通常は低炭素鋼,シンチュウ,銅,アルミニウムなどの線材の一部で,ペンチやニッパーなどで工作できる硬さと太さをもつものをいう。これらは熱間圧延や熱間押出しで製造した棒または線材を,冷間引抜きし,焼きなましてつくられる。針金の太さの分類は番数によってなされ,番号が大きいほど線径が小さい。太さの測定には針金ゲージを用いる。【木原 諄二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はりがね【針金】

金属を細長く糸のように伸ばしたもの。太さは番号によって示され、番号の大きいものほど細い。
明治時代、電線のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

針金の関連情報