コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣り手土器 つりてどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釣り手土器
つりてどき

口縁部の上をまたいで釣り手のようなものがつけられている土器。縄文時代中期の関東・中部地方に出現し,後期に続くが,用途は不明。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

釣り手土器の関連キーワード勝坂遺跡

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android