釣(り)書(き)/吊り書(き)(読み)ツリガキ

デジタル大辞泉の解説

つり‐がき【釣(り)書(き)/×吊り書(き)】

縁談にあたり、相方で取り交わす身上書(しんじょうしょ)。つりしょ。
系図。つりぶみ。
「代々楠が―、家に伝へし武道具の目録持参して」〈浮・新可笑記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android