コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新可笑記 しんかしょうき

大辞林 第三版の解説

しんかしょうき【新可笑記】

浮世草子。五巻。井原西鶴作。1688年刊。「可笑記」の題名を借りたものであるが、内容的な関係はない。武家に関する義理や物の道理を扱い、奇談珍談などを収める。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

新可笑記の関連キーワード釣り書き・吊り書き・釣書き・吊書き掻い取る・搔い取る見変える・見替える井原西鶴(年譜)総中・惣中純熟・淳熟目無しどち七夜待ち浮世草子公儀立て井原西鶴こせる可笑記草結び手の下ちちり作り眼丸める賭け的後付け

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android