コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄の暴風 テツノボウフウ

デジタル大辞泉の解説

てつ‐の‐ぼうふう【鉄の暴風】

第二次大戦末期の沖縄戦で、約3か月にわたって米軍の激しい空襲や艦砲射撃を受けたこと。無差別に多量の砲弾が撃ち込まれるさまを暴風にたとえたもの。
[補説]昭和25年(1950)に沖縄タイムス社の記者がまとめた同名の書籍タイトルにちなむ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

鉄の暴風の関連キーワード牧港篤三

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄の暴風の関連情報