暴風(読み)ぼうふう(英語表記)storm

  • あかしまかぜ
  • あからしまかぜ
  • あらしま
  • あらしまかぜ

翻訳|storm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般に非常に強い風のこと。予報用語としては暴風警報基準以上の風のことだが,警報基準は地域ごとに異なり,10分間風速がおおむね 18~25m/sである。なお,海上暴風警報は風速が 24.5~28.5m/sであり,台風暴風域は風速が 25m/s以上である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

荒く激しい風。災害をもたらす強い風。あらし。
風速が毎秒24.5~28.4メートルで、風力階級10の風。また、風力階級10を全強風といい、11をさしていうこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

一般には激しく強い風。気象学上ではビューフォート風力階級の10を暴風といい,風速は毎秒24.5〜28.4m。気象警報では風速20m/s以上が予想されるとき暴風雨・暴風雪警報が出される。日本付近の暴風の主たる原因としては台風,春・秋のころ日本付近を通過する発達した温帯低気圧,冬の季節風の三つがあげられる。なお,風力階級10を全強風,11を暴風ということもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

※書紀(720)景行四〇年是歳(寛文版訓)「乃ち海中に至て暴風(アカシマカゼ)忽に起る」
〘名〙 暴風。はやて。はやち。あかしまかぜ。あらしまかぜ。
※水戸本丙日本紀私記(1678)「暴風 安加良之末加世」
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉二「追々気も平ぎ暴風(アラシマ)の難もなく」
※書紀(720)景行四〇年是歳(穂久邇文庫本訓)「海中に至るに暴風(アラシマカゼ)忽に起りて」
〘名〙
① あらあらしく吹く風。荒れ狂う風。また、急に吹きつのる風。あらし。
※南天竺波羅門僧正碑并序‐神護景雲四年(770)四月二一日「唐国僧道璿、随船泛海、及于中路、忽遭暴風、波濤注日、陰迷天」
※四河入海(17C前)二一「人生百歳も只暴風の吹過が如きぞ」 〔礼記‐月令〕
② 気象で、風力階級一〇の風。風速が毎秒二四・五メートルから二八・四メートルの間の風をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暴風の関連情報