コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砲弾 ほうだん(cannon) shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砲弾
ほうだん
(cannon) shell

口径 20mm以上の火砲から火薬 (→装薬 ) によって発射し,対象物の殺傷,破壊に用いられる弾丸。弾体,炸薬信管,雷管から成り,徹甲弾 (戦車の装甲,砲台ベトンを貫徹,破壊する目的のもの) ,榴弾 (構造物などの破壊用) ,散弾,榴散弾 (人馬の殺傷用) ,特殊弾 (焼夷弾照明弾) など各種ある。火薬は無煙火薬を用いるが,弾丸と一緒になっているか別になっているかによって固定式,半固定式,分離式に区別される。艦砲の砲弾は,徹甲弾,通常弾,対空弾,照明弾などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐だん〔ハウ‐〕【砲弾】

火砲用の弾丸。基本的に弾体・炸薬・信管・弾帯からなり、目的により榴弾・徹甲弾・照明弾・焼夷弾・ガス弾などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

砲弾【ほうだん】

弾丸

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうだん【砲弾】

砲身から発射する弾丸。榴弾・徹甲弾・照明弾などがある。大砲のたま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砲弾
ほうだん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の砲弾の言及

【弾薬】より

…以下ではおもに最も狭義の場合について述べる。 一般に,口径20mm未満の火器に使用される弾薬を小火器弾薬,20mm以上の口径のものに使用される弾薬を火砲弾薬という。いずれも火薬の力で発射され,人員の殺傷,車両や艦艇や資・器材の破壊,航空機の撃墜などに用いる。…

※「砲弾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

砲弾の関連キーワードカッパーヘッドキャノンボール金属類回収令マグヌス効果スマート砲弾零距離射撃知能弾薬近接信管化学弾速射砲破甲弾滑腔砲後座砲待避壕原子砲炸薬室平射火管砲丸大砲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砲弾の関連情報