砲弾(読み)ほうだん(英語表記)(cannon) shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砲弾
ほうだん
(cannon) shell

口径 20mm以上の火砲から火薬 (→装薬 ) によって発射し,対象物の殺傷,破壊に用いられる弾丸。弾体,炸薬信管,雷管から成り,徹甲弾 (戦車の装甲,砲台ベトンを貫徹,破壊する目的のもの) ,榴弾 (構造物などの破壊用) ,散弾,榴散弾 (人馬の殺傷用) ,特殊弾 (焼夷弾照明弾) など各種ある。火薬は無煙火薬を用いるが,弾丸と一緒になっているか別になっているかによって固定式,半固定式,分離式に区別される。艦砲の砲弾は,徹甲弾,通常弾,対空弾,照明弾などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐だん〔ハウ‐〕【砲弾】

火砲用の弾丸。基本的に弾体・炸薬・信管・弾帯からなり、目的により榴弾・徹甲弾・照明弾・焼夷弾・ガス弾などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうだん【砲弾】

砲身から発射する弾丸。榴弾・徹甲弾・照明弾などがある。大砲のたま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐だん ハウ‥【砲弾】

〘名〙 火砲用の弾丸。大砲のたま。〔日誌字解(1869)〕
※一兵卒の銃殺(1917)〈田山花袋〉一二「あの空中にぱっと散る敵の砲弾…」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の砲弾の言及

【弾薬】より

…以下ではおもに最も狭義の場合について述べる。 一般に,口径20mm未満の火器に使用される弾薬を小火器弾薬,20mm以上の口径のものに使用される弾薬を火砲弾薬という。いずれも火薬の力で発射され,人員の殺傷,車両や艦艇や資・器材の破壊,航空機の撃墜などに用いる。…

※「砲弾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砲弾の関連情報