コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砲弾 ほうだん (cannon) shell

5件 の用語解説(砲弾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砲弾
ほうだん
(cannon) shell

口径 20mm以上の火砲から火薬 (→装薬 ) によって発射し,対象物の殺傷,破壊に用いられる弾丸。弾体,炸薬,信管,雷管から成り,徹甲弾 (戦車の装甲,砲台のベトンを貫徹,破壊する目的のもの) ,榴弾 (構造物などの破壊用) ,散弾,榴散弾 (人馬の殺傷用) ,特殊弾 (焼夷弾,照明弾) など各種ある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほう‐だん〔ハウ‐〕【砲弾】

火砲用の弾丸。基本的に弾体・炸薬・信管・弾帯からなり、目的により榴弾・徹甲弾・照明弾・焼夷弾・ガス弾などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

砲弾【ほうだん】

弾丸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ほうだん【砲弾】

砲身から発射する弾丸。榴弾・徹甲弾・照明弾などがある。大砲のたま。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砲弾
ほうだん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の砲弾の言及

【弾薬】より

…以下ではおもに最も狭義の場合について述べる。 一般に,口径20mm未満の火器に使用される弾薬を小火器弾薬,20mm以上の口径のものに使用される弾薬を火砲弾薬という。いずれも火薬の力で発射され,人員の殺傷,車両や艦艇や資・器材の破壊,航空機の撃墜などに用いる。…

※「砲弾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

砲弾の関連キーワードカノン砲火砲機関砲黄色火薬火薬庫攻城砲弾薬薬莢混合火薬重戦車

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

砲弾の関連情報