記者(読み)きしゃ

精選版 日本国語大辞典「記者」の解説

き‐しゃ【記者】

〘名〙
文章を書く人。書き手。著者。文筆家。
※応永本論語抄(1420)八佾第三「下に孔子を引て云るは〈〉先記者がかけることば也」
② その文章の書き手である自分をさしていう語。筆者
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「論者智識既に開明するや、、記者未だ其信偽を知らざる也」
③ 特に、新聞、雑誌、放送ニュースなどの取材をしたり、記事を書いたり、編集をしたりする人。
民間雑誌‐一編(1874)「社の記者は諸方の報告を参考して、これを西洋の諸書に質し、其義を意訳して、勉めて報告の答ふべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の記者の言及

【新聞記者】より

…新聞記事を取材,執筆,編集する人。記者は日本の場合,雑誌と異なって,すべて新聞社の正社員か嘱託である。日本では,明治前期,取材にあたるのは〈探訪〉〈出省方〉などと呼ばれ,記者とは区別された。…

※「記者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android