コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄交ぜ/金交ぜ カナマゼ

1件 の用語解説(鉄交ぜ/金交ぜの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かな‐まぜ【鉄交ぜ/金交ぜ】

鎧(よろい)を構成する札(さね)の、編成材料による名称。牛の革札に鉄札を混合したもの。革札と鉄札を交互に配した一枚交(いちまいま)ぜ、革札2枚に鉄札1枚の順にする二枚交ぜなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄交ぜ/金交ぜの関連キーワード馬鎧鎧武者鎧う割小札威す織成す革威札頭細胞骨格タンパク質