コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄札 テッサツ

デジタル大辞泉の解説

てっ‐さつ【鉄札】

鉄製の札。
閻魔(えんま)の庁で浄玻璃(じょうはり)の鏡に写して善人と悪人を見分け、悪人はその名を記して地獄に送るという鉄製の札。→金札

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てっさつ【鉄札】

鉄の札。
閻魔えんまの庁で、浄玻璃じようはりの鏡に映して、善人と悪人とを見分け、悪人を地獄に送る時、その名を記す鉄製の札。 ↔ 金札きんさつ 「師匠親の目をかすめたる科とが、一一-に記し置きたり/滑稽本・根南志具佐」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鉄札の関連キーワード堀井 利勝北竜(町)江藤 智堀井利勝一枚交ぜ浄玻璃滑稽本鉄交ぜ馬鎧薄金

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android