コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サツ

デジタル大辞泉の解説

さつ【札】

[名]紙幣。
[接尾]助数詞。書状・証文などを数えるのに用いる。「証文を一入れる」

さつ【札】[漢字項目]

[音]サツ(漢) [訓]ふだ さね
学習漢字]4年
〈サツ〉
文字を書いた板切れ。「表札門札
書き付け。証文。手紙。「一札鑑札書札入札
紙幣。「贋札(がんさつ・にせさつ)
切符。「改札出札
〈ふだ〉「名札荷札
[名のり]ぬさ

さね【札】

鎧(よろい)を構成する細長い小板。鉄または革製で、1領に800~2000枚をうろこ状に連結してを作る。こざね。

ふだ【札/簡】

《「ふみいた(文板)」の音変化》
目的とする内容などを簡単に書いて、人に示したり渡したりする紙片や木片。「遊泳禁止の―を立てる」「質―」
神仏の守り札。「魔除けの―」→御札(おふだ)
娯楽場などの入場券。また、乗車券、切符。「芝居の―」
「電車の―を入れる箱」〈鴎外・田楽豆腐〉
カルタトランプ花札などの、1枚1枚の紙片。「―を裏返しに配る」「絵―」
巡礼などが、祈願のために札所の柱・扉・壁などに貼る紙片。「千社―」
日給(にっきゅう)の簡(ふだ)」に同じ。
「暫しも滞るをば御―を削らせ給ひ」〈栄花・花山尋ぬる中納言〉
[下接語]合い札赤札入れ札氏子札打ち札絵札大札納め札御(お)札掛け札貸家札門(かど)札木札切り札極め札籤(くじ)札配り札下馬(げば)札小札護摩(ごま)札下げ札質札正(しょう)札捨て札素(す)札千社札立て札辻(つじ)札手札取り札名札荷札値札花札場札貼り札引き札迷子(まいご)札守り札棟(むね)札捲(めく)り札宿(やど)札山札読み札割り札

ふみた【札/簡】

《「ふみいた(文板)」の音変化》ふだ。
「広さ一尺許(ばか)りの板の―あり」〈霊異記・下〉

ふんだ【札】

《「ふみた(札)」の音変化》文字を記した板。ふだ。
「四尺の―を負ふ」〈霊異記・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さつ【札】

[0] ( 名 )
紙幣。おさつ。 「 -を数える」 「 -びら」
( 接尾 )
助数詞。手紙・証文・手形などを数えるのに用いる。 「一-書かせる」

さね【札】

甲冑かつちゆうの材料となる鉄・革の小板。鱗うろこのように数多く並べ重ね、糸・革でつづる。こざね。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【胴丸】より

…胴の前後を覆って,右脇で深く引き合わせ,裾に8枚の草摺(くさずり)を付属する。札(さね)とよぶ牛の撓革(いためがわ)または鉄の小片を横につらねてつづり合わせ,さらに縦に胴まわりを衡胴(かぶきどう)といって4段,立挙(たてあげ)といって正面上部の胸板につづく2段と背面上部の押付(おしつけ)につづく3段,草摺を5段,それぞれ革緒や糸の組緒で札を1枚ずつ細かに威(おど)しつけるのを常とする。草摺を8枚に分けているのは歩行しやすいためであり,13世紀末ころまでは,もっぱら歩兵用として兵卒の間に用いられた。…

※「札」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

札の関連キーワード差し札・差札・指札読み札・読札小倉百人一首箋・籤・籖競技かるた札箱・札筥競技カルタ関所手形正札付き民部省札一枚交ぜ坊主捲り立春大吉婆抜き助数詞札の辻鉄交ぜ割小札手付札ラミー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

札の関連情報