鉄道国有化計画(読み)てつどうこくゆうかけいかく

旺文社世界史事典 三訂版の解説

列強の中国内に有する鉄道利権を回収して国有化しようとした清朝の計画
日清戦争以後,列強の鉄道利権設定の競争が激しくなったが,経営権・利潤分配権,さらには主権そのものを制限するような利権内容まであった。日露戦争前後から清朝政府は利権回収をはかり,1911年には盛宣懐 (せいせんかい) らの国有化政策を採用して,積極的な鉄道建設を計画した。しかし資金を外資に求め,民間の鉄道建設を禁じたり,取りあげようとしたため国民反対にあい,辛亥革命を誘発した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android