清朝(読み)せいちょう

  • しんちょう
  • しんちょう ‥テウ
  • しんちょう〔テウ〕
  • せいちょう ‥テウ
  • せいちょう〔テウ〕

大辞林 第三版の解説

中国、清の朝廷。また、その時代。
せいちょう(清朝)に同じ。 -活字
漢字の活字の書体の一。毛筆書きに似た楷書体の活字。名刺・招待状などに用いる。清朝体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 中国、清代の朝廷。また、清の時代。
[1] 〘名〙
① 朝はやいこと。早朝。早天。早旦。〔商子‐禁使〕
② 清明な朝廷。また、時の朝廷を尊んでいうことば。聖朝。〔方干‐途中寄劉沆詩〕
※風俗画報‐五三号(1893)論説「清朝版と称する普通書体に」
※開化問答(1874‐75)〈小川為治〉初「されども漢土(もろこし)も漢の世より以来、今の清朝(セイテウ)に至るまで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の清朝の言及

【活字】より

…明朝体は縦線が太く,横線が細く,横線の終点には三角形のうろこがあり,幾何学的美しさと集団的美しさを備えている。和文活字には,このほか筆書きの楷書体を基にした清朝(せいちよう),正楷書(教科書体),それにゴシック(縦線横線同じ太さの書体),アンチック(かなの肉太文字)などがある。また簡易字体のほかに正字体がある。…

※「清朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

清朝の関連情報