コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱染作用 こうせんさようimpregnation

翻訳|impregnation

岩石学辞典の解説

鉱染作用

岩石の形成より後に,岩石の小裂罅(れっか)に沿って,あるいは地層または岩塊全体にわたって鉱化ガスや熱水溶液が浸透して,鉱石鉱物が入ってきたことを示す成因的な語である.交代作用によるか,直接空洞を充填するか,循環溶液によるか,によって鉱石鉱物が発達する[Lindgren : 1928].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

鉱染作用の関連キーワードダイアブロカイト金属鉱化作用岩石

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android