コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形成 けいせいGestaltung; formation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形成
けいせい
Gestaltung; formation

人格形成,世界形成,文化形成などの用語にみられるように,一般的には,あるものを形づくること。哲学的には,既存の要素から新しい存在者をつくること。無からの創造や人間行為,情緒,情動などから区別される。形成力は自然,人間,神的存在にも帰せられる。形成の過程については,ギリシア以来さまざまな説明がなされてきた。アリストテレスは,「規定を受ける」質料 hylēが,「規定を与える」形相 eidosによって規定され,一つの対象として外に現れると考えた。この説は以後スコラ哲学を経て,現代の形而上学,自然哲学にも強い影響を及ぼしている。また美学的には,芸術作品の形象を作り出すこと,すなわち体験ないし感情の表現に一定の形式を与えて具体的な形態を生み出す作用をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けい‐せい【形成】

[名](スル)一つのまとまったものに作り上げること。形づくること。「人格を形成する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいせい【形成】

( 名 ) スル
整ったものにつくり上げること。形づくること。 「一家を-する」 「人格の-」 「 -力」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

形成の関連キーワード世界トップレベル研究拠点プログラムサクシニルCoA合成酵素オルガナイザー(生物)コハク酸チオキナーゼアルミフィケーション胎児新生児肺低形成ディステクティック複素環式化合物黄体化ホルモングリコシル化芽胞非形成菌ウロストミーメラニン細胞メラノサイト骨形成因子芽胞形成菌IT基本法ネオテニー不応性貧血骨誘導因子

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形成の関連情報